姿勢も運動神経も良くなるMotto棒体操/基本・前後屈・側屈Ver.

体の中に軸を創ることによって
姿勢も良くなるし、
運動神経も良くなる
Motto棒体操を紹介します!!

 

Motto棒体操①基本Ver.
膝ぶらぶら体操

膝ぶらぶら体操のポイントは
2つです!!!

  • 外くるぶしと内くるぶしを結んだラインの下に体重を乗せること!
  • 膝の力を抜いて、骨の上に乗っている感覚を身につけること!!

ポイント1
外くるぶしと内くるぶしを結んだラインの下に体重を乗せること!

太ももに大腿骨、膝下に脛骨
という大きな骨があります。

真っすぐに立っている時には
それらの大きな骨の真下に
体重が乗っていると安定します。

内くるぶしの下あたりが
ちょうどそれらの骨の真ん中です。

足の指先の方に
体重が乗っている人が多いのですが

指先の方には小さな骨しかないので
支えるのに余分な力が必要です。

前方に体重が乗っていると
足指が固くなる原因にもなりますよ!

 

ポイント2
膝の力を抜いて、骨の上に立っている感覚を身につけること!!

大きな骨の真下に体重をかければ、
筋肉に力をいれて踏ん張らなくても

膝の力を抜いた状態で
楽に立つことが出来ます。

 

骨の上に体重を乗せられていないと
脚全体が前傾姿勢となって

前ももと腰に余分な力が入り
猫背や反り腰の原因となります。

 

また、膝まわりの筋肉に
余分な力が入り過ぎていることが

膝や踵の痛みや怪我の原因
となっているケースが多いです❗❗

まずは、真っ直ぐにたった状態で
力を抜けるように練習していきましょう。

 

最新のMotto体操説明動画は、
こちらからご覧になれます?

 

普段から膝に力が入っている人
にとっては意外と難しいので、

毎日コツコツと練習してくださいね。

 

Motto棒体操②
前屈と後屈のトレーニング

これは、

✅ 体が硬い人
✅ いつも前傾姿勢になっている人
✅ 猫背や反り腰が気になる人

に特におススメの運動です☝

 

前傾姿勢になっている人や
猫背や反り腰になっている人は

体の前後中心がどこにあるのか
を認識出来ていません。

体の中心に体重がかかっていると
最低限の力で支えられるのですが

中心が認識出来ていないので
余分なところに力が入ってしまいます。

 

前ももや腰に力が入り過ぎていると
猫背や反り腰の原因となります。

そういう人は、
股関節まわりの筋肉を
上手に使えていないことが多いです。

 

前屈と後屈の運動
1つ目のポイントは、体重移動です!

前屈をする時には、
つま先に体重を乗せて行います。

そうすると、姿勢を保持するのに大切な
お尻の筋肉が伸ばされやすくなります。

後屈をする時には、逆に
踵(かかと)に体重を乗せて行います。

そうすると、股関節前面の付け根
の筋肉が伸ばされやすくなります。

これも
姿勢を保持するのに大切な筋肉です❕

 

姿勢を保持するのに大切な
股関節の前と後ろの筋肉を刺激しながら

体重の前後移動を意識して行うことで
体が中心の位置を認識しやすくなります!

 

前屈と後屈の運動
2つ目のポイントは、割体移動です!

体を前後2つに割れたイメージを創って

前屈の時には、後ろ半分を
後屈の時には、前半分を動かします。

 

前後に割れたイメージを創るときに
体の中心を意識しているので

このように運動することによって
脳が体の中心を認識しやすくなります。

また、体の前半分と後ろ半分を
意識的にズラして動かすことで

深部の筋肉に刺激が入りやすく
体の動きを認識する感覚も良くなります。

 

実際のやり方は
こちらの動画でご確認ください?

 

姿勢を保持するのに重要な
股関節まわりの筋肉が使いやすくなり

体の認識力が高まることで
姿勢が改善し運動神経が向上します⤴️

基本Versionと一緒に
毎日少しずつ続けましょう✨✨

 

Motto棒体操③
側屈(体を横に倒す)のトレーニング

これは、

✅体の左右バランスが悪い人
✅背骨が固まっている人
✅片方の足だけ疲れやすい人

などに特にオススメの運動です☝️

 

右の足と左の足にバランス良く
均等に体重が乗せられていないと

体がどちらかに傾いて
体の重心がズレてしまいます。

左右バランスが崩れていると
体の動きは硬く、鈍くなりやすく

どちらかの足だけが疲れやすかったり
怪我をしやすくなったりします。

また、背骨の左右の動きが硬いと
前後屈の動きもやりにくくなります。

 

側屈運動のポイント①

側屈の運動を始める前に
股関節を叩いて刺激を入れ、
体重がかかることを認識させます。

どちらの股関節(足)に
体重が乗っているのかを認識しながら
体を左右交互に倒します。

*右足に体重をかけて体を右に倒す

*右足に体重をかけて体を左に倒す

*左足に体重をかけて体を左に倒す

*左足に体重をかけて体を右に倒す

4パターンのうち
やりやすい動きとやりにくい動き
がみつかると思いますが、

やりやすい動きもやりにくい動きも
同じように繰り返し練習すると
だんだんバランスが整っていきます。

 

側屈運動のポイント②

前後屈の運動の時のように
体が左右に割れたイメージを作って

右半分だけを動かすイメージ
左半分だけを動かすイメージ

をしながら体を横に倒します。

そうすると、

背骨まわり(深部)の筋肉が動いて
背骨が動かしやすくなります。

背骨まわり(深部)の筋肉を
普段あまり使えてない人は

最初はやりにくいかもしれませんが
徐々に動かせるようになっていきます!

背骨が細かく動くようになると
前屈後屈の動きも良くなるので

前後屈の運動と
交互に行うのも効果的ですよ❗️

 

実際の側屈運動のやり方は
動画でご確認ください?

 

基本Ver. 前後屈Ver. と合わせて行うと
体の中に軸が出来てきて

姿勢も良くなるし、
運動神経もUPします⤴️⤴️

Motto棒は、割り箸でも代用可能✨

毎日コツコツ続けてみてくださいね?

 

からだRe創作Motto
臼井 美由紀

 

※公式LINEにて無料相談受付中?
友だち追加

 

からだRe創作Mottoでは、
お子様の身体の状態を分析し
個々の特性を考慮した
運動指導を行っています。

☑もっと速く走りたい
☑姿勢を改善したい
☑柔軟性を向上したい
☑運動神経・身体能力を高めたい
など

各種コースの詳細は、
下記のバナーからご確認ください?

初回体験レッスン受付中

お子さんの体の特徴を詳しく分析!
運動能力をアップさせるためだけでなく
姿勢改善や怪我予防のための
適切なアドバイスを行います。

お申込みはこちら

黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花

✨Instagram活性化中✨
https://www.instagram.com/motto.bodycare/
子供の身体能力を高めるコツ
Mottoのトレーニングをリールで紹介中

 

Youtubeチャンネル【Mottoスポーツ塾】
https://www.youtube.com/c/mottostudio
Mottoでお伝えしているトレーニングの一部を紹介しています!

 

Motto代表の個人ブログ
http://motto-wizard.com
主に、意図的に生きる意識の探究について綴っています。



PAGE TOP