【子供の運動発達を促す幼児期の過ごし方】特別講演@瑞穂市立ほづみ幼稚園

今回もご縁をいただいて、
瑞穂市立ほづみ幼稚園にて

保護者向けの特別講演を
させていただきました。

 

Mottoで小中学生向けの
トレーニング指導をしていて

☑姿勢が崩れている子
☑運動能力が伸び悩んでいる子
☑なんとなく動きがぎこちない子

にほぼ共通して言えるのは、

姿勢保持にとても重要な
身体の深部の筋肉(インナーマッスル)を
上手に使えていないこと!!

そして、その原因は

幼児期に適切な運動ができておらず
それらの筋肉が未発達の状態にあること?

 

Mottoのレッスンでは、
お子さんの体の状態に合わせて

それらの筋肉をアクティブ化する
トレーニングをやっていくので

筋肉を上手に使えるようになってくると
姿勢は改善し、運動能力もUPします!

 

だけど、

幼児期に適切な運動をしておけば
姿勢不良や運動能力の低下は予防できるし

むしろ、
より良い運動発達を促すことができます!!

 

大事に育てられている子ほど

☑泣いた経験があまりない

☑寝返りをハイハイをする機会がなかった

☑掴まって歩き方を覚えたから
 転んだ経験が少ない

etc…

身体の深部の筋肉を使う機会がなくて
未発達のままになってしまいます?

 

今日はそんなお話をして、

幼児期の各年齢で取り入れてほしい
運動を紹介したので、

ここのブログにも
内容をまとめておこうと思います?

 

各年齢で獲得できる運動レベルと
オススメの運動

~2歳

速く歩く、ゆっくり歩く、走る、止まることができる

<獲得できる運動レベル>
*寝返り
*ハイハイ
*手放しで歩く
*立ったり座ったりする

↑2歳頃までの間は、
これらの動きを
たくさん経験することが重要です。

 

特に、寝返りやハイハイは
体幹の重要な筋肉を使った動きなので

これらの動きを経験していないと
インナーマッスルが発達しません。

また、歩く練習をする時には、

例え何度か転んだとしても
手放しで歩く練習することをお勧めします!

手放しで歩く練習をすることで
バランス感覚が養われるのですが

掴まり歩きで練習してしまうと

バランスの取れた
筋肉の使い方を学習する代わりに

とりあえず足を前に運ぶための
余分な筋力が付きやすくなってしまいます。

 

この時期に転んだ経験が少ない子は
間違いなく体の感覚が鈍くなるので

たくさん転んで、バランスの取れた
上手な体の使い方を身につけさせてあげましょう!

 

3歳

手足を別々に動かして複雑な動きができる

<獲得できる運動レベル>
*つま先立ち
*階段昇降
*後ろ向きに歩く
*ボールを蹴る

3歳は、手足をバラバラに動かして
複雑な動きを学習していく時期です。

 

右手と左手、右脚と左脚
右手と右脚、左手と右脚

それぞれ、別々の動きが行えるように
学習していくのがこの時期ですが

上手く学習できていないと
小学生以降もぎこちない体の動きになります。

 

親子で出来るオススメのトレーニングとして

お父さんorお母さんが四つん這いで
トンネルを作って

その下を子供に出来るだけ素早く
くぐるのを繰り返してもらう

というのをやってみてください☝

トンネルの高さを低くしていくと
難易度を上げていくことができます。

出来るだけ素早くくぐるためには
手足を交互に動かす必要があります。

親子のスキンシップにもなるし、
子供も楽しんでトレーニングができます✨

 

4歳

バランス機能が向上する

<獲得できる運動レベル>
*片足立ちやケンケン
*スキップ
*でんぐり返し
*大股で走る

4歳くらいになってくると

リズムを取ったダイナミックな動きが
出来るようになってきます。

 

この時期には、どんどん外遊びをして
スキップしたり走ったりすると良いですし

ケンケンパなどの遊びもおススメです!

片足でのケンケンも出来ない子が多いので
この時期から少しずつ練習しておきましょう。

 

5歳

指先の細かい動きが可能で
運動器具が使えるようになる

<獲得できる運動レベル>
*縄跳び
*鉄棒
*ボール投げ

ボールを使った遊びは
もう少し小さい時期からできますが

大きいボールを使っていいので
親子でキャッチボールをお勧めします!

 

小学生になってからも
ボールをしっかり投げられない子が多くて

ほとんどの場合、

運動神経が悪いと言うよりは
経験不足が原因となっています。

この時期に、
ボールを投げる遊びをすることで

自然と上手な身体の使い方を
学習していくことができるので

お父さん&お母さんも一緒に体を動かして
ぜひキャッチボールやってあげてくださいね?

 

6歳~

大人並みの正確な動作まであと一歩
集団での運動も楽しくなる

6歳くらいになってくると
ほとんど大人並みの動きができるようになります。

 

この頃までに

☑自分の身体がどのように動くかを知る

☑バランス感覚を身につける

☑楽に動ける方法を学習する

↑これらのチェックポイントを基準に
上手な身体の使い方を身につけておきましょう。

 

6歳以降に親子でできる
オススメの体幹トレーニングとして

以前Youtubeで配信した運動を紹介しておきます。

①手押し車

 

②馬跳び

 

動画内でも紹介していますが、

親子でやる場合に
どちらの側もやるように練習してください。

これもお父さん&お母さんの
運動不足解消にも役立つと思います。

ただし、少し負荷が大きくなるので
あまり無理のない範囲でやってみてくださいね!

 

以上、

各年齢で獲得できる運動レベルと
オススメのトレーニングを紹介しました。

成長の速度には個人差があるので
あくまで年齢は参考にして

お子さんの成長段階に合わせて
トレーニングを取り入れてみてください。

何かご質問があれば
公式LINEの方にご連絡ください。

 

からだRe創作Motto
臼井 美由紀

 

※公式LINEにて無料相談受付中?
友だち追加

 

からだRe創作Mottoでは、
お子様の身体の状態を分析し
個々の特性を考慮した
運動指導を行っています。

☑もっと速く走りたい
☑姿勢を改善したい
☑柔軟性を向上したい
☑運動神経・身体能力を高めたい
など

各種コースの詳細は、
下記のバナーからご確認ください?

初回体験レッスン受付中

お子さんの体の特徴を詳しく分析!
運動能力をアップさせるためだけでなく
姿勢改善や怪我予防のための
適切なアドバイスを行います。

お申込みはこちら

黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花

✨Instagram活性化中✨
https://www.instagram.com/motto.bodycare/
子供の身体能力を高めるコツ
Mottoのトレーニングをリールで紹介中

 

Youtubeチャンネル【Mottoスポーツ塾】
https://www.youtube.com/c/mottostudio
Mottoでお伝えしているトレーニングの一部を紹介しています!

 

Motto代表の個人ブログ
http://motto-wizard.com
主に、意図的に生きる意識の探究について綴っています。



PAGE TOP