速く走るためのもも裏のストレッチ☆効果を最大限得るための秘訣!

Mottoのブログで何回も紹介している
もも裏(ハムストリングス)の
トレーニングストレッチ

もも裏の筋肉を上手に使えると

◯走るのが速くなる
◯体幹が安定する
◯姿勢が良くなる

などの効果があり
とても重要な筋肉です?

Mottoの初回体験レッスンでも
指導することが多いのですが、

初めて行う時には
なかなか上手に出来ない子も多く

やり方のポイントを整理して
お伝えしておこうと思います。

 

運動神経を高める体幹トレーニングと
心を管理するメンタルトレーニングで

子供の姿勢を改善し笑顔を増やす
Motto代表のみゆきです(^^)/

 

まずは、
基本的はストレッチのやり方から。

写真の水色の部分が
もも裏の筋肉=ハムストリングス。

この筋肉の、
特に上部1/3を伸ばしたいのですが、

写真の“ここ”と書かれた部分
坐骨結節に手を当てて

お尻を後ろに突き出すようにして
もも裏の筋肉を秒間伸ばします。

基本的にはそれでOKなのですが、

もも裏の筋肉が伸びてる感じがしない?
というケースがよくあります。

上部もも裏の筋肉の代わりに
ふくらはぎ(膝下の筋肉)に伸張感が!?

 

実はこれは、

普段からふくらはぎを使い過ぎている
お子さんに多くみられる現象です。

ふくらはぎが張っているので
そちらが先に伸びてしまうようです。

その場合は、膝裏に手を当てて
脚の裏側全体を伸ばしてから

もう一度
上部もも裏をストレッチしてください。

脚の裏側全体のストレッチで
うまくふくらはぎの緊張が取れたら

目的としている上部もも裏に
伸張感を感じられるようになります☝️

 

それでもやっぱり無理?って場合

もう一つの可能性は、
前ももに力が入ってしまうケースです。

普段から前ももに力を入れる癖が
ついてしまっている場合、

ストレッチの時にも前ももに力が入り
もも裏の筋肉が上手く伸びません⤵️

その場合は、
内くるぶしの下に体重を乗せて

脚の中心に体重がかかるイメージで
お尻を後ろに突き出しましょう。

内くるぶしと外くるぶしを結んだ
線の下で割り箸を踏んで行うと
感覚が分かりやすくなります。

前ももの力が抜けていることを確認して
もも裏をしっかり伸ばしてみてください!

 

今回の内容は、
Youtubeでも解説しています。

動画の方がわかりやすいと思うので
文章読んでも良くわからない方は
こちらの動画もご覧ください?

からだRe創作Motto
臼井 美由紀

 

※公式LINEにて無料相談受付中?
友だち追加

 

からだRe創作Mottoでは、
お子様の身体の状態を分析し
個々の特性を考慮した
運動指導を行っています。

☑もっと速く走りたい
☑姿勢を改善したい
☑柔軟性を向上したい
☑運動神経・身体能力を高めたい
など

各種コースの詳細は、
下記のバナーからご確認ください?

初回体験レッスン受付中

お子さんの体の特徴を詳しく分析!
運動能力をアップさせるためだけでなく
姿勢改善や怪我予防のための
適切なアドバイスを行います。

お申込みはこちら

黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花

✨Instagram活性化中✨
https://www.instagram.com/motto.bodycare/
子供の身体能力を高めるコツ
Mottoのトレーニングをリールで紹介中

 

Youtubeチャンネル【Mottoスポーツ塾】
https://www.youtube.com/c/mottostudio
Mottoでお伝えしているトレーニングの一部を紹介しています!

 

Motto代表の個人ブログ
http://motto-wizard.com
主に、意図的に生きる意識の探究について綴っています。



PAGE TOP